中古 コピー機 販売 派遣
secret 810 -photo diary-
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#80 CS5に拘った理由 
2011.02.15 Tue 16:31
twitterでさんざん「Photo Shop CS5が欲しい!!!!」と騒いでたオレですが騒いでいたのには訳があります。
ま、文章で説明するよりも実際にCS5を使って補正をした写真を見て貰えると分かるんで、見てくださいマシ。

  2011021502.jpg

今までと何処が違うんだ??? と思った人は続きから今までのCS3を使って補正した写真を見ておくんなまし。


↓↓CS3を使って今まで通りに補正した写真

  2011021501.jpg

画像が小さいので分かりづらいんですが(駄目じゃん) 今までのCS3を使って補正した写真よりもCS5の方が
選手の表情が分かりやすくないですか?? そうなんです。違いはソコなんです!選手の表情が分かる写真の方が
分からない写真よりも格好良く見えないですか??(ま、元の写真の撮り方の上手い下手はおいといて・苦笑)
X3でアメフトの写真を撮らせていただいてるんですが、撮っていて困るのはヘルメットの陰。
この陰のせいで選手の真剣な表情が隠れがちになってしまうんです。そんな陰の問題を解決してくれるのがCS5。
CS5に付属されている「Camera RAW ver.6.0」を使うと陰になった部分のみを明るく補正してくれます。
CS3にも入っているCamera RAW ver.4.0でも同じ補正が出来るんですが、今自分が使っているカメラのデータに
対応していないためデータをそのまま開くことが出来ず、一端カメラ付属の編集ソフトでデータを変換してから
CS3で補正をし直さないといけなくて。別な編集ソフトを通すと手間が掛かるうえに無理な補正をすると
画質を荒らしてしまうので結果的に写真の仕上がりが悪くなってしまう・・・という。
もちろん、CS3でやってやれなくはなかったんですが仕上がりの良さを考えるとなるとCS5を使った方が
全然良い訳で。撮って「ハイ!終わり!」なら問題は無いんだけど、撮って終わりという事は絶対になく。
どうせなら選手の格好良さをよりアップさせたいと思うのが自分の本心。だからCS5が欲しいと駄々こねた訳です。

※※※

今まで、正直なところ撮ることの方にばかり目がいってしまい、レタッチの勉強はおろそかにしてました。
でも撮ったあとでもより良い写真を作る為には実際には作業が続くんです。今年の1月から色々なレタッチの
セミナーを受けて撮った後の作業の重要性も知りました。上手く撮れてれば補正なんて大していらないだろうと
考えがちでしたが撮った後をおろそかにすると写真が台無しになってしまうんですよね。
なのでこれから4月の春のトーナメントが始まるまで撮影の技術はもちろんの事、レタッチの勉強もやります。
その為、ブログは今日から4月まで更新は休業しようかと思っています。ネタが無いってのもありますが。(笑)
カメラの腕前やレタッチの腕前が成長する速度は遅いけれど、去年の秋よりも今年の春、今年の春よりも今年の秋。
少しづつでも良い写真が作れるように一歩一歩進みます。実はみんなに隠している目標に向かってw

それでは、春のトーナメントまでごきげんよう☆
2011.04.20 21:41 | URL | 通りすがり | 編集
  管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。